荷物の嵩や家の前の道路幅等を確かめるなどして

そこで、ちょっと確認してほしいのは不要品引き取りサービスを引っ越し業者が行っていることです。ものによっては、一部の業者が粗大ゴミにすれば処分にお金がかかるものをリサイクルということで引き取り無料とする場合もあるため、すぐに業者に問い合わせてみましょう。新しい住まいに引っ越すにあたり、ライフラインなどの手続きとともに、もう一つネット環境をどう整えるか、というのも事前に解決しておくべき重要事項です。

料金の件などで、現行の契約に納得がいっていないならこれを機に解約してしまうと良いのでしょうが、そうではなく、今の状態を続けたいと考えるなら、今までの契約は維持し単に住所変更手続きだけで良いのですが、以前のプロバイダが新居では使えない場合もありますので要確認です。例えば、新居にネット環境がまったくない、回線が引かれていないような状況ですとそのための工事も必要になってきます。
ネット環境が整うまで、しばらく時間がかかることもあるということです。

生活に必要な手続きとして、電話回線の引っ越しももう一度見直してみましょう。

現在の生活では、固定電話を使わない家庭も多いと思いますが、やはり電話回線を使い続けたいとすれば、電話会社との間で、転居しても使い続けるための作業が欠かせません。

取りかかりが遅くなり、契約が引っ越しに間に合わなければ、固定電話もファックスも使えない生活になりますのでいわゆる引っ越しシーズンならば、なるべく早く必要な作業を進めていきましょう。

引越しする日にやることは2点です。
まずは、出ていく部屋では荷物を搬送したのちに管理会社の立会いのもとで部屋の状況を見定めることです。

ここで大きな汚れや傷をチェックしますが、この調査が敷金でのカバーや別途クリーニング費用の請求に影響します。

新居ではガスの元栓を開けることが不可欠です。これは業者の立ち合いが不可欠なのです。
引越しをする際は、電話の契約変更も必要となります。
ただし、固定電話じゃなく、携帯電話については、携帯ショップに直接手続きに行くか、インターネットで変更するかだけであり、すぐに終わらせることができます。最近の若い人たちは、固定電話を必要としないケースがマジョリティです。引越しするときの料金は、移動する距離や荷物量等で決まっている基本運賃と人が何人必要かで決まる実費に定義されるものエアーコンディショナーの取り外し費や不要品を捨てる費用などのオプション費用で一般的に決まります。

作業を順調に終わらせる計画性も、引っ越しにおいては欠かせませんが、常に頭に置いておきたいのは出費をどうやって抑えるかということでしょう。

引っ越しの準備はえてして計画通りには進まない物ですから、推定していた予算を超えてしまうことも珍しくありません。安くてサービスの良い業者を見付けられるかがカギになりますから、引っ越し業者の一括見積サイトを利用するのが良いでしょう。
引越しをする上で注意すべき点はいくらかありますが、特に注意すべきなのはごみ収集日を念頭に入れておくことではありませんでしょうか。引越しを行う前の掃除では、その日に合わせてゴミをまとめるようにしましょう。

資源ゴミや紙類の場合には収集日が月にたったの二度ほどの地域もあるので、出し忘れると後々大変になります。引っ越して住所が変更となったら、出来る限り早く国民健康保険の資格喪失手続きと加入手続きが必要となっております。
ちなみに、資格喪失の方は、古い方の住所で手続きし、新しい住所の役所で、加入手続きについては行うことになります。
必要なものは、国民健康保険証、印鑑、加えて、運転免許証など本人確認書類を用意して手続きを終わらせてしまいましょう。
同じ市からの引っ越しでも、転居届は、出さなければいけないものですから、ご注意ください。個人の引っ越しを扱う会社の大手で、全国どこでも高い評価を得ているのが印象的なCMで知られる引っ越しのサカイです。

全国くまなく、170社以上の支店を持ち、車は自社の保有だけで3500台以上に及ぶので、多様なニーズに応えられる引っ越しを行うことが可能です。細やかなサービスができるよう、スタッフ全員がきちんと仕事をするという評判を維持しており、安心して引越しを任せることができます。

前日になって引越しをキャンセルすることになり、引越し業者に連絡したら、予定していた引越し代金の、10%のキャンセル料がかかりますと宣告されました。
以前はまた別の引越し業者でキャンセルした際は、引越しをする前日でも引越し代金を丸々支払わなくてはいけなかったので、前回よりも安く済んで、安堵しました。どんな人の引っ越しにも、必ず関わってくる手続きに、各市区町村の役所で、転出と転入の手続きをすることがあります。

先に転出する市区町村の役所から転出届をもらいます。

そして今度は転入する市区町村の役所に行って、転入届を出すのです。

言うまでもなく、転出届とセットでないと転入先での手続きができないことにもくれぐれも注意してください。税金や社会保険などの根拠になりますので他の手続きに優先して、まず終わらせておきましょう。何月何日何曜日に引っ越すかによって、業者に支払う金額はかなり異なってきます。
一番わかりやすい例では、移動が多い春は引っ越しも増えるので、割引サービスはほとんど適用されません。

同じく、土日、祝日なども割引はきかないことがほとんどです。では費用面を考えて引っ越しの時期や曜日をずらすか、といえば、それは困難でしょう。

情報はいくらでも手に入ります。引っ越しの総合案内サイトもありますので業者からの見積もりを無料で出してもらうことができます。
多くの業者から見積もりを集めて、できるだけ安くしていけると良いですね。引越し業者へ頼むと、見積もりをいただけると思います。

問題ないことがほとんどですが、一応確認をしておくことをオススメいたします。その見積もりになかった内容は、追加で料金を取られるケースもあるのです。わずかでも疑問があったときには、なるべく契約前に、聞いてみてください。
これから、引っ越しの前日に終わらせることを説明します。
冷蔵庫を運搬する費用

月々の給与から天引きによって貯蓄を行うことです

昔は出資法に依拠して、利息制限法の定めを上回る利率での貸付が珍しくありませんでした。利息制限法の上限から出資法の上限の間の金利で行われる貸付がグレーゾーン金利と呼ばれるものです。今は利息が利息制限法の上限よりも高い場合、違法な貸付です。すなわち、借金をグレーゾーン金利でしていた人なら、債務整理を行うと過払いとなっていた利息を返してもらえる場合があります。
これがいわゆる過払い金請求です。

これまでに債務整理をしたことがある上で、再度の債務整理をするなら、一回目の債務整理にどの方法を選んだかで異なる手続きとなります。債務整理が個人再生あるいは自己破産によって行われた人であれば、次の債務整理は7年以上経ってからでないとできません。他方、任意整理の場合は特に期間の制約は設けられていません。一般に債務整理を二回目に行おうとしたときは一回目に比べ認可されにくいもので、二回目の自己破産ならば尚のこと簡単にはいきません。
近頃では、債務整理に関する相談がインターネットを通してできるような弁護士事務所も多くあります。

条件に合う事務所が近所にないと悲嘆していないで、何はともあれネットがあるのですから現状について相談するメールを送ってみることも考えるべきです。
任意整理は直接出向かなくても電話と郵送で手続ができますので、積極的にまずはスタートラインに立ちましょう。
意を決して債務整理を始めたものの、担当弁護士に対する不信感が拭えず、委任自体をやめたい場合は、よく契約でいう「解約」の代わりに「解任」の手続きが不可欠です。手続きを忘れて債務整理を別のところへ頼んでしまうと、受任通知の二重送付にもなり、事態が余計厄介な方向に進んでしまいます。
解任手続きは難しいことではありませんから、必ず解任し、あらためて別の依頼先と契約するようにしましょう。自分自身で債務整理を行うことは、不可能ではありませんが、生半可な知識では通用しません。

また、膨大な数の書類を揃えなければいけませんし、時間的な余裕がなくなることは確実です。これらの問題を考えると、債務整理は弁護士や司法書士に手続きを頼むのが良いと思います。知識も経験も豊富な弁護士であれば、早々に解決してくれるでしょう。どのような種類であれ債務整理をしたいと思ったら、初めに弁護士に着手金というお金を用意しなければなりません。すべてが終われば成功報酬も必要ですし、費用面ではこのほか、管轄裁判所や債権者のところへ行く往復交通費、債務整理を裁判所に申し立てるための手数料としての印紙料金や切手代なども負担しなければなりません。しかし交通費や印紙代などは実費が基本ですから、心配であればあらかじめ聞いておくと見込みが立ちやすいでしょう。

習慣のように借金をしてしまうタイプで、繰り返し債務整理をすることはできるのかと気になっている人もいるのではないでしょうか。原則としては無制限に何度でもすることができます。
けれども、以前に債務整理をしたことがある上でさらに債務整理が必要だということになると、債務整理にとる方法にもよりますが、本来よりも承認されにくくなることも考えられます。ですから、いざとなれば債務整理といい加減に考えるのはいけません。
まだローンが残っているマイホームや車などがあるときに、債務者が自己破産を行うと、ローン契約そのものが破棄され、自宅も自動車も借金の返済のために売却しなければなりません。自己破産以外の債務整理ではそのような債務の契約は継続されるので、今まで通り支払う必要があります。そのかわり、売却して返済に充当することはないので、おそらく自己破産から来る誤った認識が広まっているのでしょう。実際に債務整理を行う人の中には、重度のうつ病が多重債務の要因になったという人も意外と多いのです。
仕事に行けずに、返済ができなくなったり、生活が苦しくなって借金していたら債務が膨らんでいたとは、誰にも言いたくないことですから、辛い思いを一人で抱え込みやすいと言えます。こうした問題のために病気が悪化しやすいという指摘もあります。ブラック状態は避けられない債務整理ですが、任意整理であれば住宅ローンやその他のローンも組めるケースがあります。返済の意思を示せる任意整理は、国の発行している官報に名前が記載されることもありません。借りていた業者が違法な金利で貸付を行っていたら、過払い金を請求できますし、そのお金で借金を払い終えることができるかもしれません。
このような人は特にブラックとして問題になることは無いでしょう。個人再生とは返済整理の一種で負債をすくなくしてその後の返済を和らげるというものであります。

これをする事によってほとんどの人の生活が楽だと感じるようになるという実証があります。かつて私もこの債務整理をしたことによって助かったのです。

任意整理には無縁であり、個人再生には緩い基準しかないため、問題となることは大してありませんが、債務整理の方法に自己破産を選んだ場合は、財産隠しは禁忌の一つです。破産申立の時に所持が許される現金と資産は法律で上限の規定があります。
基準以上の分は処分することが求められますが、万一、隠していたという事実が明るみになれば免責が不許可になるのに加えて場合によっては詐欺罪に問われかねません。債務整理をした場合、結婚をする際に影響があるかもしれないと思っている人がいますが、債務整理をしないまま、多額の借金を抱えているほうが問題です。債務整理をしたせいで結婚に影響するデメリットとして考えられるのは、マイホームを建てたい場合、債務整理後、7年間は住宅ローンを借りられない事です。7年以上我慢すれば月賦が組めるようになります。
債務整理を行う際は、公務員の場合は雇用者に知られるのは避けられないと考えている人は意外と多いものです。しかし普通はそういった心配は無用です。
たしかに自己破産ではわかってしまいますが、その他の方法なら手続き後も自分から話さなければ同僚や上司などに知られることはないはずです。ただ、公務員の共済組合といった職場絡みの機関でも融資を受けている場合は、そこ経由で露見する可能性はかなりあるでしょう。

司法書士や弁護士は、普通の人から見れば法律の専門家ですが、仕事内容によって得意不得意というのはあります。
個人の債務整理については素人同然の弁護士もいる位ですから、重要な依頼をする前に、債務整理分野を得意とする弁護士なり司法書士を探して依頼しなければ良い結果は出ません。
最近では債務整理に特化した弁護士事務所なども珍しくなく、そういったところに頼るのも良いでしょう。

必要な申請や手続きを行い始めたなら、できる限り早期の解決を求めたいという思いが債務整理を考えている人皆さんの中にあることでしょう。けれども、借入金の免除ないし減額といった処置が認められるまでは日数もそれなりにかかります。

債務整理をするのに用いる方法や、専門知識を持つ司法書士、弁護士などにやってもらうのか、自ら手続きを全て行うのかなどにもよってかかる時間には差があります。

たとえ弁護士であろうが司法書士であろうが、あらかじめ債務整理の依頼を請け負う場合は担当者が自分自身で必ず債務者と個別に面談をする必要があるとして、債務整理事件処理における規律についての規定を日弁連が発表しています。メールや電話で先に話を聞いてもらう事はできるものの、対面での面談なしに請け負う弁護士あるいは司法書士がいれば、この面談義務への違反となります。借りたお金は自力で返していくのが筋というものですが、いくら頑張っても返済のめどがつかない場合は任意整理、個人再生などといった債務整理を検討する価値はあるでしょう。一般に債務整理を行うタイミングというのは、毎月の返済が収入の3割以上に及ぶ場合がひとつの区切りかもしれません。債務整理、とりわけ任意整理の場合はこの時期に行われるのが一番多いです。頑張っても借金返済のめどが立たずについに債務整理をしようという時は、近頃はPCはおろかスマホでも、債務整理の実例や手続き方法などをいつでも簡単に検索することができるようになっています。
とはいえ家庭や会社のパソコンで調べたりすると、各種履歴が残ることにより誰かに借金や債務整理のことが知られる危険もあります。PCのプライベートブラウジング機能を使うか、スマホを使うほうが良いでしょう。
借金が返せないほど膨れ上がった場合に、借金をしている人は、弁護士を通してお金を貸している人と話し合って、いくらなら払えるのか、返済する額を調整します。
これが任意整理ですが、任意整理を行う際に、銀行預金が、凍結されることがあります。
銀行口座にお金がまだ残っている場合は債権者への返済にあてられてしまうので、任意整理となる前に引き出しておきましょう。一度債務整理を始めると、専門家に依頼していても、すべての手続きが終了するまで、数ヶ月はかかります。とはいえ、この数ヶ月の間に金利や延滞損害金が増えるといったことはありません。

債務整理の中でも個人再生や任意整理を行った場合は、自己破産と違って一部の債務が残るでしょう。返済は残った債務を分割して支払うことになり、金利は発生しません。でも、こちらの債務も延滞するようになると、延滞損害金と一緒に請求され、一度にすべての支払いを求められるケースもあるので返済期日は確実に守るようにしましょう。借りたお金が多すぎて、手も足もでなくなった時は弁護士や司法書士にアドバイスを求めましょう。これ以上は払えないという場合は自己破産という手順がふめます。何年間か海外に行けなくなるなどの制限をうけますが、借金は消えます。
個人再生という措置をうけるには、安定した収入が持っていることなどのある程度の条件があります。

もし独身時代に借金を債務整理で処分し、ブラックになっている人は、結婚したからといってブラックリストから名前が消えるということはありません。ローンなどの審査をする時、金融機関は苗字や名前、生年月日といった、いくつかの個人情報を集めてブラックリストを確認します。つまり、名寄せを行っています。

それゆえ、苗字が変わった程度では信用情報にひっかかることは変わらないでしょう。
以前、自己破産で免責の決定を受けた過去があっても、それ以外の個人再生、任意整理などの手続きを行った後も、医療保険や生命保険を契約するに際しては本人の望むように行えます。保険や共済といったものは申し込みの際に個人の信用情報を利用することはありませんから、どのような債務整理をしようと、保険会社がそれを知ることはなく、事前にそれを確認する必要もありません。毎月の保険料の支払いが可能であれば、生命保険自体は、特に債務整理の影響を受けることはまずないです。
給料を差し押さえされている間に当該債権者(差押えをしている側)を対象とした債務整理をすれば、いったん差し押さえの状態はピタッと解除されるのですが、必ずしもそうとは限りません。

同じ債務整理でも「任意整理」のときは差押を解除しなければいけないという規定はないため、何ヶ月間かは我慢しなければなりません。
借金なら元金が減らないということですね

3〜4社に見積もりに来てもらった方がよいでしょうもちろん

実際の転居の2週間程度前から、転居届を出すことができる自治体がほとんどです。私も引っ越しした折に運転免許の居住地を変更しました。入れ替えしないと、更改の手続きが順調にできません。

住民票を動かすのと同じように早めに自動車免許も変更しておいた方が後が楽です。

忘れることなく、執り行っておきましょう。引っ越しの準備もいろいろとありますが新居へ運ぶ荷物の選択をしていくと、不要になった家具など、粗大ゴミが出てきます。

家具など、引っ越しで出る粗大ゴミについてはいつものようにゴミの日に出しても、収集してもらえないでしょう。

粗大ゴミは、まず自治体に処分方法を尋ねてそれに則り、処分するようにしましょう。粗大ゴミが、引っ越し日近くになってもまだ家に残っている、という事態はできれば避けたいですから、段取りよく処分していきましょう。引越しをする時には、引越し業者を利用するのが、一般的なことだと思います。

そういった時に、ジュースなどの差し入れをすることはありますが、チップといったものは必要ありません。
外国などでは広く用いられているチップではありますが、日本なら、気にすることはないでしょう。

引っ越しをするに伴い、煩雑な手続きもついて回ることになりますが、中でも必要になるのはライフラインの整備であり、特に水道が通るようになると、水洗トイレも使用可能にできるとあってかなり大事です。

水道を使えるようにしておくタイミングは、いつ頃からが都合がいいかというと、引っ越し日前の忙しい時期は避け余裕をもって、転居当日の一週間程前の辺りに水が出るようになっているなら、一番良いです。

引越ししてからは、色々と手続きしなければなりません。必ず役所でしなくてはならない事は、住民票と健康保険と印鑑登録などになります。

犬がいるのであれば、登録変更しなければなりません。

更に、原動機付自転車の登録変更につきましても市町村でなされています。

全部いっぺんにやってしまいますと、何度もいらっしゃらずに済みます。人や家により、引っ越し作業の規模は違ってきます。
例えば全部の作業をお任せにしてしまうと、もちろん、サービス分お金がかかることになります。

運ぶ荷物があまりない、単身の引っ越しは、単身パックというような、そういった方向きの引っ越しサービスがありますから、それを利用するのが良いです。

適正なコースの選択だけで、引っ越し費用は相当減らすことができ、それなら、得した分は、新居で始める生活に残しておくと良いでしょう。

引越しの荷造りの時に、予想外にも大変なのがグラスの包み方です。

グラスをパッキングするには、まずは足の箇所に、梱包材を巻くことが大切です。
パッキング資材とは絶対に専用のものを使わなければいけないということではありません身近にある新聞紙やタオルなどで心配ありません。その後、全体的にしっかり梱包すれば、グラスが割れてしまうことなく運ぶことができます。

業者に引っ越しを頼む場合、金銭面の負担は避けられませんが、どの引っ越し業者に頼むかによって、必要経費が変わります。
後から後悔しないためにも、安くて安心な業者を選択しましょう。
他より多少費用が高い業者でも、荷造りで悩みがちなゴミの回収といったサービスのオプションがついている業者もあります。なので、複数の引っ越し業者に見積もりをお願いして、セットのサービス内容と合わせて検討してみるのが良いでしょう。

どれだけ経験があっても、引っ越しの際の準備には苦労します。

初めての引っ越しであれば、さらに辛いと思います。

引っ越しにかかる負担をいかに軽減するかですが、まずゆとりのある引っ越し計画を立て、そして、あまり考え過ぎずに大まかに計画を実行します。

もちろん、人によってはきっちりと計画通り出来る方もいらっしゃいますし、それが出来れば一番ですが、引っ越しにおける失敗の多くは、複雑な手続きに追われて、家の中の作業が手付かずになってしまうことなのです。

ある程度おおまかに計画を実行しておけたならば、多少の遅れがあっても気持ちに余裕が持てると思います。世帯の大小に関わりなく引っ越しでは必ずダンボールが必要になるもので、無料のダンボールを業者がサービスすることもありますが、有料の業者もいるので注意が必要です。そんなときはスーパーなど、大きなお店に行くと、無料でダンボールを分けてもらえます。ただし、サイズはばらばらです。

車に乗せるとき、ダンボールは縦にも横にも積み重ねられるため、同じサイズでなければよく考えて崩れないよう積んでいってください。
福島なら引越し業者が安いと思う

解体費用の負担をお願いしたいと

引っ越しを行って一人暮らしをする場合には、単身パックを使う方がずっと得になるケースが多いです。

もしも、大きめの家具や家電などを新調するのであれば、引っ越し業者に依頼をせずとも、引越すことができるかもしれません。また、女性の一人暮らしの場合だと、ご近所への、引越しのご挨拶は差し控えた方が安全なケースもあります。

引っ越しの荷作りをしているときにまずクローゼットを空にしてみるともう使わないものが大半だったので我ながら呆れました。特に服は持っていたことを忘れるくらい長くしまっていたものがありました。
結果として、引っ越しをきっかけに今までためこんでいたものを捨てられて、引っ越しの荷物も、自分自身も余計なものがそぎ落とされました。様々な事務手続きが必要となるのが、引っ越しという大イベントです。それらのうち、特に重要視されるものはやはり、自動車関連でしょう。運転免許証は、登録住所を新しい住所に、変更してもらわないといけませんが免許証がよく本人確認書類として機能しているため、手続きをきっちり済ませる人がほとんどなのですが、車庫証明の登録をし直すことを、うっかり忘れる人は多いのです。車庫証明登録のし直しは、免許証と同じで、警察署でできます。なので、せっかくですから、同時に終わらせておきましょう。

そうすると少しは楽でしょう。

引っ越しの時、エアコンに関しては手間とお金が掛かり勝ちです。しかし、退去するのが賃貸住宅の場合なら、管理人や管理会社の担当者に対して取り外しをせず、エアコンを現状のまま残していけるかを聞いてみるべきです。部屋の管理をする側としては、エアコン付の物件を次の入居者に用意できるわけですし、あまりに古い型だったりしなければ、要望が通ることも有り得るのです。こんな風にエアコンを置いていけるとエアコンの取り外しにかかる費用を、使わなくてよくなりますから、幾分か費用の節約ができるでしょう。大手の引越し業者、地方でがんばっている引越し業者などの見積りした時の費用をインターネットで比較することで便利に使えるものがあります。

当事者の要望が適合した運搬業者を見つけるのです。

とにかく依頼することが出来ます。

自分は昨年、単身赴任の引越しをさせていただきました。会社員生活初の単身での引っ越しでした。

会社の決まりで複数の企業から見積書をもらい、一番見積もりが安かった業者を選択するのですが、赤帽が選択されました。
当初は不安を感じていたものの、手際よく引越し作業をしてくれたので、次の引越しでも赤帽に依頼したいなぁと思いました。数年前、旦那様の転勤のために引越しが決まりました。

主人、私、共に実家暮らしで、引越しの経験がありません。

経験がなくとも出来る限り安価に抑えたいと自分たちで梱包することにしました。
段ボールとガムテープについては、引越し業者が用意してくれたのですが、他に、新聞紙は絶対に必要でした。

割れ物を包むほか、緩衝材として大活躍でした。

自分だけの引っ越しは自分たちだけでやった方がコストを抑えることができるし費用的に良いと思うかもしれません。ですが、本当は大きな物の運ぶのは大変ですしとても時間も労力もかかるのです。

ならば、引っ越し業者の単身パックを利用した方が費用が抑えられますし、早く楽にできるので、お勧めです。

日通が引っ越しも扱っていることは、誰でも「引っ越しは、日通」のテレビCMを思い出すくらい引っ越し事業が広く知られるようになっています。従来は、引っ越し専門業者を探してみると会社名は引越社、引越センターに決まっていたのがどこの地域でもみられました。
あちこちの運送会社は、近頃、家庭向けの引っ越しサービスに参入しています。

おかげで選択肢は広がってきましたが、日通のように有名な会社なら、引っ越しも安心して任せられます。
「引越しソバ」という慣しとは新居に引越しをした時にお隣さんへのご挨拶としておすそ分けするものです。
私も以前もらったことが確かにあります。ソバのように細く長く、長く続くご縁をこれからよろしくお願い申し上げます。というようなメッセージが込められたものだそうです。引っ越し業者の選択は難しいものです。これまで引っ越しの経験が無い場合は、色々な不安も感じると思います。個人的な話ですが、初めての引っ越しでは引っ越しのサカイさんに依頼しました。見積もりを依頼しましたが、どこよりも安かったからです。従業員さんもとても親切に説明してくれて、信頼できた覚えがあります。これ以来サカイさんのファンで、引っ越しの時にはいつもお世話になっています。良い引っ越しを経験しましたから、安心感が違います。また引っ越しがあっても、サカイさんに頼むと思うと安心して引っ越しに臨むことができます。
バカげた事をしてしまいました。

初めて一人暮らしをするのに、誰にも手伝ってもらわずに一人で引っ越しを決行したのです。
きっとやれるだろうと思っていたのです。

ですが、とても大事にしていた家具に大きなキズがついてしまったのです。

廊下の角を曲がる時、擦ってキズが付いてしまいました。とてもへこんでいます。

引越しを行う際にはいろいろと手続きが必要ですが、仕事をしていると大変なのが市役所へ足を運んで行う手続きです。住民票の転入と転出といったものがあるので、少なくとも二回は行かなくてはなりません。

市役所は平日しかやっていませんので、引越し当日以外にもさらに休みを取らないといけないということになります。
郡山市なら引越し業者が一番